ボイストレーニングの手順について

自分は歌が下手だから人前で歌を歌うのが苦手、という人はもうそれだけで歌を歌うことをあきらめがちです。
しかし人間はトレーニングをすることで音痴がなおったり声が大きく出せるようになったり声の出せる幅も広がったりと、たくさんの効果をもたらします。


このように歌がうまくなるためのトレーニングのことをボイストレーニングといいます。

では実際にどんなボイストレーニングをするのかといえば、まずトレーニングを始める前にストレッチを行います。


声を出すということも、体を動かして運動するのと同じくらいの体力を使うので体をほぐしておくのが大切です。


それが終わればまず裏声の練習です。第一のステップとして裏声で発声するということに慣れることから始めます。

日常生活であまり使わない声にどんどん慣れていくことが重要です。
次にチェストボイス、いわゆる地声の練習です。

このボイストレーニングでは地声を強化していきます。

地声は歌を歌うときに最も重要な声で、喉を開いた深い発声ができるようになるための練習です。

次にミドルボイスという裏声発声の一つの練習です。




これができると高い音域を力強く歌えるようになります。

また地声と裏声の境目が目立たなくなります。

そして腹式呼吸の練習です。



これを鍛えると歌声が安定します。

また滑舌が良くなると言葉がはっきり聞こえるようになり歌もきれいに響きます。



最後に実際に音階を使いながら地声と裏声をスムーズに切り替えられるように練習します。




ボイストレーニングでは喉のケアも大切です。

水をこまめに飲み、お酒やたばこを控え睡眠を十分に取るようにします。